今夜はハズしたくないって時に観る圧倒的なバイオレンスアクションの決定版「ヘルドッグス」

最後のドンデン返しまで飽きずに観れますよ!!

 岡田准一さんが演じる殺し屋兼高は元警官。
 現役時代に恋した管轄のスーパーで働くパートの女の子を守れなかったことを苦に全てを捨てて復習に生きる。

 そして、それに付け入って、国家権力から、ヤクザ組織に潜入スパイを命ぜられる。もちろん、汚い手口で断れない。

兼高とヤクザ、殺し屋と幼馴染、登場人物すべての存在理由と人間関係が面白い

 復習だけに生きて来た狂気を持つ兼高の殺しのスキルは最高級。組長や組員との信頼関係を簡単に構築しスピード出世。

 このなかで最も注目する兼高の人間関係は、一緒に殺しをパートナーとして請け負う室岡(坂口健太郎さん)。室岡は組でも問題視されるほどの心の奥底に押さえられない狂気を抱える人生でありながら、兼高との師弟愛、幼馴染・杏南(木竜麻生さん)との青春関係を作れるピュアな心もある殺し屋。
 兼高とのクールな関係はカッコ良いとさえ感じさせてくれる。

 兼高と盃を交わした組の幹部・土岐(北村一輝さん)との信頼関係。さらにその土岐の愛人・えみりとの只ならぬ関係とえみりの正体。

 他にもマッサージ師・衣笠(大竹しのぶさん)、組のトップ・十朱(MIYABIさん)、土岐と五分の兄弟・オペラを歌うヤクザ熊沢(吉原光雄さん)などすべての配役に意味があり、存在する理由があることでこの映画をブ厚く、ブ熱くさせています。

 そして、最後のドンデン返しへ…。

最後のドンデン返しがスゴ過ぎた

 すべての登場人物でスピンオフが作れるほど作り込まれているうえに最後のドンデン返しがスゴいんだ。絶対に書かないけど。

 勿体ないのでぜひ見て下さい!

岡田准一さんって…

 西野亮廣さんと似ているよね。

 そういえば、ひとつだけ難点をわざわざ言うと、殺し屋って岡田さんの得意の寝技は使わないと思う。肉弾戦って勝ったとしても証拠を残しやすいから。ましてや、兼高は元警官なので警察データベースには諸々情報が残っているハズだし。
 あと、岡田さん演ずる兼高の空気感からいくと、もっとガリガリな方がリアリティがある気がしました。殺し屋を知っているわけじゃないけどね。

ヘルドッグス
★★★★★ 4.9
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 深町秋生
出演者 岡田准一 / 坂口健太郎 / 松岡茉優 / 雅-miyavi- / 北村一輝 / 大竹しのぶ / 酒向芳 / 吉原光夫 / 金田哲 / 大場泰正 / 木竜麻生 / 中島亜梨沙 / 村上淳 / 尾上右近 / 赤間麻里子 / 杏子 / 田中美

原作

マンガ

配信サービス

未定

タイトルとURLをコピーしました