チキン男子が主人公。「明け方の若者たち」を観てきました。

Uncategorized

 主人公がチキンでした。
 恋愛も、仕事も。
 すべてにチキン。

 メンヘラ男子と言えば今風ですが、マジでただのチキン。

 その割には言うわけです。「渋谷をジャックする企画を立てる!」とか。結局は、自分が無くて常に仕事か彼女に流されます、このSNS時代に。企画力があるならYouTubeやTicTokで何でも発信出来るのに。

 この作品は、「何もしない人」を描いた作品でした。

 大筋は、「花束みたいな恋をした」に不倫エッセンスを足した物語。黒島結菜さん演ずる「彼女」に「なんで僕なの?」と聞いて、「横顔が夫に似ていたから。」と答えられて、恋愛が始まるあたりもチキンです。

 正直な感想は、「共感する男子はいるものの、その男子たちも見たいのか?」ですね。誰が見たいと思って制作したんだろうと感じてしまいました。「ただのチキン」じゃなくて「超チキン」だったら、もっと面白かったのかも。

 原作小説は評判が良いようなので読んでみようかな。

Filmarks

以前はコチラでレビューを書いていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました