魔法動物が欲しくなる「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」

Uncategorized

シリーズ初見でしたが楽しめました!

 もちろん、シリーズを最初から見ていたら、人間関係とかをもっと楽しめたと思いますが、初見でも問題なく楽しめます。

魅力的な魔法動物たち

 ファンタジーな世界ってなんとも魅力がいっぱいで楽しそうですよねぇ。
 しかも、そこに、魔法動物が登場するとなんとも言えないです。

 コミカルで、ドジで、ワガママな魔法動物が活躍すると、なんだか自分の近くにもいそうな気がしてしまいます。ウチの庭に来る猫たちも魔法が使えるんじゃないか?と思ったり笑。
 猫に話しかけてみたりするのは、僕だけですかね?

面白い要素がたくさんのストーリー

 ハリーポッターシリーズで馴染みが深いタンブルドアの若い頃のお話です。
 それだけで、ワクワクが止まらないのに、かつて、共通の夢を追いかけたグリンデルバルドが、マグル(人間)の世界を焼き尽くすとのことでホグワーツ側と対立します。

 タンブルドアの因縁、タンブルドアの弟の息子がグリンデルバルド側にいる、魔法動物と面白い要素がたくさんあります。極めつけは、タンブルドアとグリンデルバルドの「血の誓い」という魔法により直接手出しが出来ないこと。そのため、魔法使いとマグル(人間)の混合チームがズル~い敵と戦う物語です。

 こんなに面白い要素がたくさんあるのに。
 ハラハラドキドキもあるのに。
 ちょっと、テンポが悪いのかな。
 中盤までは眠たくなってしまいました。

 ん~なんでダロ。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
★★☆☆☆
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング / スティーヴ・クローヴス
原作 J・K・ローリング
出演者 エディ・レッドメイン / ジュード・ロウ / マッツ・ミケルセン / アリソン・スドル / ダン・フォグラー / エズラ・ミラー / ジェシカ・ウィリアムズ / カラム・ターナー / ビクトリア・イェイツ / キャサリン・ウォーターストーン

Amazon.co.jp: Amazon Prime

コメント

タイトルとURLをコピーしました