タイムパラドックスで濃い味「バズ・ライトイヤー」

Movie I Saw

 このテの映画の描写や脚本に難癖つけて悪評する人ってなに?。子供から大人まで楽しめるように作られていて、マニアックな映画じゃないんだから楽しめば良いんじゃない?と思う僕です。

26年時を経て解き放たれたスピンオフ

 先ず、バズと言えば、トイ・ストーリーの登場人物です。
 子供の頃って自分のオモチャが生きていたらとか考えて会話しりするよね?
 そんな夢のある子供向けのアニメの登場人物のスピンオフ。楽しくないわけがありません!

 1996年の作品なので実に26年も過ぎているわけですね。
 バスのファンは待ちわびていると思うのだけど、映画館は僕1人の貸し切りでした!
 トイ・ストーリーって人気ないのか?

いつも言うけど…

 ちょいちょいレビューに書いているけど、久しぶりに映画館に行くなら、「青くさい物語」一択だと思うのです。デートの時も同じです。

 久しぶりに映画館で観てハズしたくないデショ?
 デートなら、そのあと会話が盛り上がる方が良いデショ?

 考えさせる社会派映画は、政治好きか、映画マニアに任せれば良いんです。

 あ、でも、最近困るのは、シリーズものの映画。
 マジで前の作品を見ておかないとイミフなときがあるのです。
 シリーズを全く観ていないのに「アベンジャーズ エンドゲーム」を映画館で観た時は、キツかったです。

優秀な自分しか信じないバズの失敗と成長と仲間

 バズは、自分の過信から失敗し1200人の人類を地球に帰れない運命にしてしまいます。とある異星に不時着するものの…。
 そこから始まる登場人物の成長物語。

 バスは何度も宇宙で実験を繰り返します。人類を地球に帰す方法を探すためですが、光速移動するので戻る度に惑星の時間は何年も進んでしまいます。自分は若いままなのに愛するものが歳をとり死に別れ…。

 そして、それを繰り返すと、何十年も進んだその惑星を侵略する敵が表われます。
 かつて、自分が過ごした人類の子孫が仲間となり、敵を倒します。

 しかし、その敵、実は…

バス・ライトイヤー(2022)
★★★★★
監督 アンガス・マクレーン
出演者 クリス・エヴァンス / キキ・パーマー / ピーター・ソーン / タイカ・ワイティティ / デール・ソウルズ / ジェームズ・ブローリン / ウゾ・アドゥーバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました