「コーダ あいのうた」観ました!

Uncategorized

 コーダ あいのうた

 聾唖者の家族とそのなかで唯一健聴者の娘ルビーの可笑しくて、切なくて、心温まる物語でした。

ルビーが抱えている問題 音大進学か家族か

 ルビーは、「音大進学」と「家族の通訳」の人生に悩みます。
 当然、家族は、音楽なんて知らないわけですから。

 兄は言います。
 「家族の犠牲になるな!」

 母は言います。
 「音痴だったらどうするの?」

 そんな板挟みの日々にそのタイミングで家族の生活費を稼ぐ漁師の免許を剥奪されてしまいます。家族にとって社会との通訳者ルビーの重要性は大きくなります。

 ルビーは悩みます。
 音大か、家族か。

 だんだんとお母さんも娘の本気度を理解していきます。
 「あなたが生まれて健聴者と知ったとき最悪と思ったわ。私、耳も聞こえないし最低なお母さんね。」
 ルビーは答えます。
 「あなたが最低なのは、耳が聞こえないからじゃないよ。健聴者だったとしても最低。」

 抱き合う母娘!
 なんて優しい家族!
 もう最高!

そして、コンサートが開かれる

 お父さんは、自分が聞こえない代わりに自分の娘の歌を聞いている観客を観察します。拍手を送る者、スタンディングオベーションを送る者、そして、涙を流す者がいて、自分の娘の歌が多くの人たちを感動させる力を持っていることに気づいて帰宅します。

 父は言います。
 「俺のために歌ってくれ。」

 ここからのシーンは、ぜひ、実際に観て頂きたいと思います。今、書きながら僕が思いだし泣きしてしまうほどのシーンなんです。

 観る人を裏切らない映画でした。
 後味は抜群に良いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました