リアリティがありました。「ベン・イズ・バック」

Movie I Saw

観客として涙を流すよりもお母さんを応援しなきゃ!って思った

 涙がとまらないくらいの映画を観たいと思ったけど、リアリティが強くてお母さんを応援してしまいまいました。製作者側としては成功なのかもしれません。

 観客としては、泣きたかったけどね。

プッシャーな息子が刑期を終えて帰って来る

 ジュリア・ロバーツ演じる母親の元にジャンキーでプッシャーな息子が実家に帰る話です。
 生まれによっては、親や兄弟がジャンキーだったりして、他人事ではないと思います。

 その息子がプッシャーだった故にガールフレンドが死んだり、家族に恐怖を与えたりして、その葛藤が描かれていて、ドラッグってNGだなと実感しました。

 ジュリア・ロバーツ他全ての役者の演技が上手です。

 ドラッグが遠い人なら、観ても、観なくても、損はないです。
 ドラッグが近い人にとっては僕には分かりません。

 ★★★☆☆ 星2.5
 ベン イズ バック
 2019.07.10

コメント

タイトルとURLをコピーしました