「30年夫を待つ女」と「2年で待つのを諦める女」。田中裕子さん主演「千夜、一夜」観てきました!

Uncategorized

30年失踪している夫を待つ登美子と2年失踪している夫を待つ奈美

 30年失踪している夫を待つ登美子と2年失踪している夫を待つ奈美の物語。

 奈美は夫を探すのに登美子の力を借りるが、失踪した夫との離婚のためで新しい彼を作って前に進む。
 夫の帰りを待ち30年経つと自分が目の前にいる登美子ようになることを想像したのだと思う。登美子の姿が寂しいと感じ女としての新しい人生を踏み出す決心につながったのだ。

そこに失踪した奈美の夫を見つけた登美子が、奈美の自宅に連れて帰る

 劇中にもセリフがありますが、完全な登美子の意地悪か興味本位な行動。新彼が出来たことを知っているんだから、普通は、先ず、電話するでしょ。「どうしたい?」って。でも、いきなり自宅に連れて行くんだ。描かれてはいないけど、たぶん、奈美と新彼は、これがキッカケで上手くいかなくなるんだろうな。

 そして、奈美の夫・洋司は登美子と出会い、自分の罪深さを知り、登美子は洋司と出会い、自分の夫・諭と重ねる。
 このシーンは、スゴく良いシーンでした。
 
 全体的に非常に適格なキャスティングで雰囲気のある映画でした。

アレって思ったところは…

 田舎の年寄りのお節介が気持ち悪かった。
 登美子に言いよる男の母親が「優しくしてくれても良いでじょ!」とか「仕事仲間がお見合いの場をセッティング」したり。
 巧みなキャスティングで吐きそうになるほど気持ち悪いんだけどこのシーンで爆笑してしまった。
 
 フィルマークスのあらすじは、「北の美しい離島」と表現しているが、なぜか、たくさんのゴミが漂着したビーチから始まる。あらすじが「寂しい離島」と書いていてくれたら、もう少し感情移入出来たかもしれないですね。

 観て良かったし、内容の重さの割にはテンポが良かったけど、人に勧められる映画ではない感じでした。失踪した夫の真実が明らかになるミステリではないです。静かに待つ女の話です。

 映画館
 2022.11.10

コメント

タイトルとURLをコピーしました